二日酔い

しじみ汁の作成方法

今回は、古くから健康食品として日本人に親しまれているしじみを使ったしじみ汁の作り方を紹介します。
まず、用意したしじみの砂出し作業をする必要があります。
そのために、大きめのボールとざるを用意し水を入れ、塩水を作り、その中で2~3時間浸しておきましょう。
この作業を行うことにより、しじみが老廃物を呑み込まないようにできます。

次に、浸したしじみを煮ます。
この際灰汁を取るのを忘れないようにしましょう。
また、煮すぎないように注意しましょう。
そこに、だしの素を入れます。

次に、よく味見をしながら味噌を入れていきます。
しじみの塩分が出ているため、味を調整する必要があるからです。
この後煮立てることはしないでください。
最後にお椀に分け、薬味を乗せれば完成です。
こんなに簡単にしじみの味噌汁を作ることができます。

しじみがなぜこんなに親しまれているかというと、冒頭で述べたように、たくさんの栄養分を含んでいるからです。
肝臓の修復や疲労回復、風邪予防にもなります。
こういった簡単なお味噌汁でもいいので、忙しい毎日でも、しじみを食生活に取り入れてみてはどうでしょうか。
本当に忙しい方のために、サプリメントなども販売されていますので、活用しましょう。


このページの先頭へ